ハートスティック

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ冬春キュウリ〜スタート

<<   作成日時 : 2011/10/07 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

10月6日(木)
画像

250坪ハウス冬春キュウリの苗を定植(植え)しました。

(株)ベルグアースのアース50苗
埼玉原種試行636+ゆうゆう一輝 株間50cm 1条植え
午前中曇り時々晴れで定植日和でした。

ベルグアースの苗は、我が家では、使い始めて4年目になります。
初めて使った時 苗の革命とびっくり!!とにかく楽で!!
苗の状態も安定しているのでその後使わせて頂いております。
http://heart-stick.at.webry.info/200810/article_1.html

そのベルグアースの長野農場へ視察に行ってまいりました。

いったいどんな所で?どんな過程を経て育ち?我が家へ来るのだろうか?と素朴な疑問から
一度行ってみたいと!!
また、今シーズン苗の状態はどうなのか?

山々に囲まれて標高900mの町を見下ろす高台に ハウスの山々がありました。
画像


周囲を散策すると リンゴやブドウ!!稲刈り途中の田んぼ のどかで 空気のとっても良いところで
水がきらきら綺麗で手を入れるととっても冷たかったです。
画像
画像


ハウスの外観は、天窓、サイドはもちろん換気扇まで0.3mmのネットがはられており、
ハウス内へ入ろうとするとエアーカーテン 
もう一つ扉を開けたところに
見慣れた梱包済みの苗がありました。

防虫対策にしっかり施設投資をされていてすごいな〜と思いました。
(しかし、これでもアザミウマが入るそうで 数匹ホリバーにかかっておりました。)

棟ごとにシャッタードアがあり、また、苗の状態により棟が違い、温湿度も微妙に違いました。

こちらの農場では、
愛媛で断根刺し接ぎされたヌードメイク苗を不織布が巻かれた倍土(スペシャルブレンドだそうです)へ移植。
順化させて育てられてました。

病害虫防除は、マニュアルがあり定期的に散布。問題があれば、適宜行っているそうです。

水かけも自走式。癖があるのでその場所は調節しているそうで細かい管理をされているなと思いました。
その水もあのきれいな水がそのまま使用されているのかと思いきや
不純物を取り除き、PH、ECの調整をきちんとしたものが使われてました。

暖房は、温水パイプが苗床下にはりめぐらされておりました。
夜間冷えるそうで、すでに9月から使用しているそうです。
この辺は、コストはかかるでしょうが、こちらの環境とは違い苗の管理は、しやすい環境だな〜。
ちなみに視察日は、最低外気温5度だったそうです。

栽培管理、技術、施設 ますます安心して苗を頼めるところだなと思いました。

お忙しい中視察させて頂きありがとうございました


そのような環境で育った苗の到着を楽しみにしておりましたが、
苗には、輸送というリスクが
開けてびっくり玉手箱
画像

今までこんな事はありませんでしたが〜
輸送会社の方にも気をつけてほしいですね。
せっかくの苗が台無しです。

しかし、このような状態でもポキっと折れることなく ドブづけしたら ピンとしており
状態のひどいものを除き、定植を致しました。
その後どうなるか心配でしたが、萎れるものもなくピンと水揚げしている様子で心配なさそうです。

*トラブルにあった苗分 早急に担当の方が手配して下さいましたが、我が家の判断でお断りさせて頂きました。

画像


元気に育ったシャキシャキきゅうりをお届けできるよう頑張ります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
石田高聖の株式トレード教則DVD KOSEI式 デイトレ2.0 スイング2.0
基本動作さえ身につけてしまえば、誰でも短期売買で利益を確定できる ...続きを見る
石田高聖の株式トレード教則DVD KOS...
2011/10/13 20:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな苗もあるのですね〜勉強になります。
キャベツは自分の家で種まいて苗木を作るので、苗木を購入するって不思議です^^
視察もいくなんて、さすがハートさん♪
メダカ
2011/10/19 21:44
メダカちゃん〜
キュウリ栽培では、近年購入苗が増えております。
その分トラブルも多くなっているようで
本来は、自家苗が一番なのでしょうが、
接ぎ木が必要で手間暇かかるので
その期間、土作りに専念できたり、ハウスの補修、または、余暇の期間と
長期栽培に備える方が多いです。
お金はかかるかもしれませんが、考えようです。
今回も視察&リフレシュ!!土もリフレシュして栽培にあたっております。
ハート
2011/11/07 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ冬春キュウリ〜スタート ハートスティック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる