ハートスティック

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉県農業者活動交換大会に参加♪

<<   作成日時 : 2013/01/19 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

H25.1.17
千葉県農業者活動交換大会に参加♪
会場入り口には、女性起業家ネットワークちばの活動紹介や加工品の展示が行われ
会員ではないのですが・・・海匝のスペースを譲って頂き
ハート&スタースティックも展示させて頂きました。

まず、今回の発表準備にあたっては、
海匝農林事務所の方々に大変お世話になりました。
練習へのお付き合いアドバイス頂き
お陰で発表を無事終えました。
ありがとうございました。
・・・PRを目的にしながらPR(人前でのお話)が苦手なのでした(^_^;)

ハートの輪を活かして産地PR
〜1本のキュウリに女性達の思いをのせて〜
と題して

この発表もPRとなればと発表しながらキュウリお料理の紹介!!

IZUMIとYOSHIKOでハート倶楽部のエプロンをつけて

私達のハート倶楽部は、結成7年目を迎え
発表内容は盛りだくさん
お料理に例えるとフルコース

<本日のメニュー>

〜前菜〜ハート倶楽部の紹介

〜スープ〜ハート倶楽部ができるまで

〜メイン〜 活動内容と結果

〜デザート〜今後目指すもの

キュウリのフルコースに見立てて発表。

・・・発表内容ダイジェスト・・・

JAちばみどり旭胡瓜部会紹介
略して旭のA!キュウリのK!部会のB!でAKB!!

そのAKBですが、なんとメンバーは、約200名 
おじ様方が多いのですが
次世代の若い就農者が多いのも特徴.
年間出荷量は、約180万ケースです。
収穫したキュウリは、コンテナのまま集出荷場のフレッシュグリーンへ出荷。
もし、フレッシュグリーンがなかったら、
私達のハート倶楽部も生まれる余裕がなかった。


私達は、女子力でハートや星型キュウリのように形の変わったキュウリを利用し、
普通のキュウリをもっと食べてもらいたい!もっと好きになってもらいたいという想いと
日々の仕事をもっと楽しくしたいという想いで活動しております。


各メンバー 経営により立場、状況が違い、お子さんが小さい方も多く
ご家族に、ご協力ご理解頂きながら、できる範囲で参加し、
活動の内容もその時々の状況を考慮していろいろとアイデアを出し合って活動に生かしております。

活動内容
1.ハート型キュウリ(ハートスティック)と星型キュウリ(スタースティック)の生産 
ハート型キュウリを生産する事で改めて基本的な栽培管理の大切さを知る事となり、良質なキュウリが生産できるように、このキュウリを通して型枠メーカー、流通関係者と相互の情報交換を図っております。
2.キュウリの食べ方の提案(査定会での試食会、胡瓜料理コンクールの参加)
  キュウリのサラダやキュウリそうめんやキュウリ鍋を紹介
3.販売促進活動への参加(お揃いのエプロンで販売促進)
4.産地からの情報発信としてホームページ及びブログ制作
5.取材対応及び活動紹介 形の変わった胡瓜を生産するだけでなく、それを利用しPRを行っております。
6.間接的に食育活動への参加(保育園や、小中学校で、栄養士さんにご協力頂きながら地域の農産物としてハート型、星型キュウリの提供)
7.『ハートのきもち』プロジェクトハート&スターキュウリを1本生産するごとに1円を積み立て・・・誰かの幸せのお手伝いをしようというもの
それぞれ活動紹介と成果について


ハートキュウリを作るまでは、毎日ハウスでキュウリを収穫し大量のキュウリを出荷場へ持っていく。
たった1本のキュウリが、どこで売られ、どのような人が買い、
どのように食べるのか、そんな事を気にしたことはありませんでした。
ハートキュウリに出会い、たった1本のキュウリを売る大変さを知り、どうすれば買ってもらえるか、
どうすれば目を向けてもらえのか試行錯誤しながら7年目。
その結果 メンバーそれぞれ、仕事に対するやりがいや自分の居場所を見つける事ができました。

たかが1本のキュウリ〜
しかし私達のハート形キュウリには、キュウリへの愛情や仲間と作る友情、
そして食べる人を笑顔にしたいという願いが詰まっています。


<これからの課題>

・栽培技術向上のための情報収集
・キュウリの需要拡大のためのPR活動
・「ハートのきもち」プロジェクト
・新規メンバーの勧誘

以上発表ダイジェストでした。

他にも3事例 市原市の方、富津市の方、柏市の方
それぞれ地域の問題と向かい合いながら創意工夫し取り組む農業の事例は参考になる事も!!


活動大会では、意見交換も行われ
「継承」という事をポイントに
「スムーズな経営のバトンタッチをするために」
まとめより〜
『譲る側は、経営主として方向性を示し、
後継者が就農しバトンを渡すまでに計画的育成〜責任を持たせる
譲られる側とお互い意見を出し合いコミュニケーションをとり、
バトンを渡す時期を決めておくとスムーズに継承できるのでは〜』

こんな風に継承できたらなあ〜理想的
今後私達グループにもいえる事とても参考になりました。

今回参加できたのもハートキュウリがくれた縁ですね〜
お陰で今回あらためて自分たちがやってきた事を振り返る事ができ、
課題もみえました。。
長い年月には、多くのメンバーがきっと一度は〜やめようかと思う事もあったかと〜
仲間と続ける事で
いろいろな経験やいろんな人との出会い
私は、視野が広がり人生が豊かになった気がします。   1本のきゅうりから・・・

そのキュウリ君日差しを感じ〜調子を取り戻しつつあります。
恵方巻きに間に合うかな???



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉県農業者活動交換大会に参加♪ ハートスティック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる