ハートスティック

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬春キュウリに向けて〜情報収集その2〜

<<   作成日時 : 2016/09/28 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

海匝地区スキルアップ研修会 9月27日

施設栽培の環境制御について

講師 全農 吉田 征司様

画像


画像

センサーの位置がキュウリの群落内にあるか?
ファンが通路側を向いていてはだめ
群落内に向いていること!
センサーが正常か毎月、少なくともシーズンにはチェックすること!
葉面温度を計測
茎と葉を測ることで蒸散しているか確認できる。

画像


画像

生育状況を観察し、バランスシートを作成し
理想的な生育に近づけるには?

キュウリシーズン始まったらバランスシートを作ってみよう(^^)
どなたか一緒に作って情報交換してくれる方いないかな〜

画像


画像

作業の遅れはかなり生育に影響する‼

葉かき一つとっても換気をあまりしない冬は、葉かきをしっかりし、蒸散による湿度を抑える。
換気が大きくなる春からは、葉かきを少なく葉面積を増やし、蒸散により湿度を保つ!
こんな技術があったとは(^^)

画像

冬春キュウリスタートがワクワクして来ました(^^)

早速、葉面温度が測れるように
表面温度計⬇を購入しました。

画像


今回の講義でアグリネットのデータの活用方が見えてきました。

数値化する事で今まで見えなかった事が見え
おそらく情報交換しやすくなり
技術もアップして収量品質もアップするのではないかと
思います(*^o^*)

環境制御という言葉が堅苦しいので
聞く耳を持たない方もいるかと思いますが
共選共販だからこそ
これからは尚必要な事ではないかと私は思います。

by YOSHIKO

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬春キュウリに向けて〜情報収集その2〜 ハートスティック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる