虫! 注意報(-"-)

画像

<キュウリと豆腐の胡麻和えサラダ仕立て>
  
キュウリをスライスし 塩でしんなりさせ
           豆腐をくずし、 胡麻とキュウリと 良く混ぜる。

* すり鉢で 胡麻をすり、そこで混ぜると 
              一層  胡麻の  香り良くできます。

サラダ菜と トマトで サラダ仕立てに!

  豆腐のマイルドなところに キュウリのシャキシャキ感に 胡麻の香り~~~ 

5月11日 朝から風が強い
 太陽が顔を出すと暑い~~~ しかし今日は カラッと空気が乾燥!!

紫外線や乾燥 お肌に大敵だわぁ~~~(>_<)

キュウリ君にも もう少し湿度が欲しい感じ 

       手潅水し、 少し天窓を 細め 調節

昨日ホリバー 設置し害虫の誘引、捕捉
ホリバー
(ハエ取り紙の様な粘着性のある物)コナジラミやアザミウマなど 黄色い物を好く 特性を利用して作られた黄色い下敷きの様なものに 粘着剤が塗布されている。
画像

画像



キュウリの葉裏を見ると
  もう コナジラミが 数匹 アブラムシも発見!!
   人間で言ったら、赤ちゃんが 蚊に ちゅう ちゅう 血を吸われてる状態かな!?

画像


早めの対処が必要!! なぜなら この虫たちの中には、 悪さをするものが~
ウイルスを媒介するのです。
アブラムシによるモザイク病 オンシツコナジラミによる黄化病など・・・・

人間で言ったら、蚊が マラリアをうつしてる感じかな!?

それに コナジラミは メスオス1対で 
   ナント     300個産卵×生存率0.9=270匹と増殖が盛んである。


ですから 早期発見 早期対処!!
この時期は~特に~1に観察2に観察
発見したら~早めに農薬散布が必要なのです。

日中暑い時は 薬害を起こすので、涼しくなってから~
夕方 早速 行いました。

農薬は、もちろんできるだけ使いたくはありませんん。
 病気にならないよう、害虫がなるべく入らないよう 施設の整備や環境を整え、丈夫に育つよう心掛けております。
しかし、作物の生育過程において、品質、収量を保つためには、適宜、適正に必要なのです。
日本の農薬は、品質や安全性が試験され、国の機関によって 作物別に登録されています。
もちろん キュウリも!!
使用基準を守り使用すれば、残留基準を超えて残る恐れはないとされております。
ですが、なるべく使用回数が少なく済むよう努力は怠らないように
病害虫の生態を知り、効果的なタイミングで防除していきたいと思います。


今年は 非常に虫が多いです。
お米を食べよう 4 でも紹介致しましたが~~~ホント多い!!
ハウスの窓には、ネットを張っておりますが、
         小さい虫くんは、何なりと通り抜けるようです(-"-)

 皆さんも虫には 注意を!! 
      虫たちは 葉裏を好むので 葉裏のこまめな チェックを


それにしても 虫くんは 美味しい物を嗅ぎつけるのが早い 誰かさんみたいだぁ。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月11日 23:32
う~ん!やっぱり好みが似てるかも~
こういう感じでお味は違うけど…azuも作りますよ♪
ほんとに合うね~~~☆^^
ウチでも今日はばあばが畑作りしてました!
ハートちゃん
2007年05月12日 00:32
やはり~~w 合う  合う (*^_^*)
ばあばの畑!! そのうちazuの畑になってしまうのでは^_^?

この記事へのトラックバック