ショック!ライスショック!!考えるの巻

まず 番組案内より 引用した記事をご覧下さい。
 
そして あなたの主食!???

について

考えてみて下さい。

NHKスペシャルより

ライスショック

あなたの主食は誰が作る

第1回 世界がコシヒカリを作り始めた


戦後日本の食を支えてきた「コメ」。中でも品質とうまさから、その頂点に君臨してきたのが「コ

シヒカリ」である。しかし、ここ数年、グローバル化が進む中、アメリカ・中

国・台湾など世界各国が、この「コシヒカリ」素晴らしさに気づき、競うように大量生産に乗り出

している。そして、今、こうした輸入米が、日本への逆流を始めた!!

食料自給率が40%を切った日本。食糧安全保障上、凶作や天候異変な

どが起きた時、危機的な水準(40%)だと、指摘する声も多い。戦後、日

本の自給率を支えてきた「コメ」。しかし、今年、日本のコメは、大量流入する輸入米

と長年続く消費の低迷によって、生産者価格は暴落している。さらに、WTOや

FTAなどの交渉によって、最後の聖域「コメ」を守ってきた「関税」等が下げられる方向に

進む中、離農の激増、自給率の低下は避けられないとみられている



「ライスショック」第一回は、

日本最大のコメ産地新潟と世界各国の「コシヒカリ」に、今何が起きているのかを

徹底追跡し、グローバル化が日本の食に何をもたらすのか?食料自給率40%をどう考えたらよいのか?


 新米がおいしい季節だが、「日本の米」が現在抱えている問題を知れば満腹感も半減してし

まうかもしれない。米作農家の減少と高齢化が進む一方で、海外産コシヒカリなどの「安くてう

まい米」が日本市場を狙っている。市場開放が進むと日本の農業は“壊滅”し、食料

自給率が12%に下落するという試算もある。
NHKが14、15日夜に放送する「ライ

スショック」は、そんな日本農業の現状をリポートする。【荻野祥三】

 コシヒカリは日本の高級米の代表的存在だが、米国や中国でも作られている。

世界中で日本食ブームが起きているだけに、米国産コシヒカリは、欧州各国にも輸出さ

れ、日本酒メーカーの工場誘致も進む。中国産コシヒカリは、日本の

外食チェーンやコンビニなどで主食用に使われている。



NHKスペシャルより

ライスショック

あなたの主食は誰が作る

第2回 危機に立つコメ産地


 食糧自給率が40%を切り、WTO・世界貿易機関でさらなる農業の市場開放が議

論されている今年、日本の農業をめぐる政策は大きく舵を切った。全ての農家を支援してきた

従来の方針を転換し、大規模化を条件に「強い農家」に支援を集中することにしたのである。

農家はいま、かつてなく厳しい「選択の時代」を迎えている。
 

農業の現場ではどんなことが起きているのか。わたしたちはあきたこまちの産地、

秋田の3つの集落を半年以上にわたって定点観測してきた。

 そこで聞こえてきたのは現実と苦闘する多くの農家だった。大規模化で生き残りを

目指すものの、後継者がおらずに高齢化が進み、コメ作りの将来が見えないと悩む

中規模集落のリーダー。大規模化に乗れずにこれまでの支援が減ることになった

中山間地の零細農家の一人は「代々続けてきた農家が重荷になってしまった」

とつぶやく。そして、大規模化を40年近くにわたり実践してきた実験場・

大潟村でも、消費者のコメ離れで米価の下落が続き、巨額の負

債を抱える農家が続出している。


 グローバル化が進み、内外から市場開放を迫られている日本の農業。果たして、

大規模化の道は、農業の再生につながるのか。
そして、わたしたちは、

国産米の輸入と日本のコメ農家への支援をどう考えていけばいいのか。


 現在は高い関税によって保護されている日本の米だが、仮に撤廃されたらどうなる

か。農林水産省の試算によれば、日本の10分の1以下の価格のコメが

入ることで、日本のコメ産地は崩壊。農地の60%、1万以上の集落が消滅する。


 
日本の食料自給率は現在39%。オーストラリア237%、米国128%、

フランス122%、英国70%などと比べて極端に低いが、

これが何と12%になってしまう。この時、世界の異常気象や戦争などで

輸入がストップすると、終戦直後の配給制度が復活し、イモなどに

頼る食生活もあり得るという。



 「ライスショック」の1回目では、こうしたグローバル経済における日本のコメについて考える。

 2回目は、生産地の実情。農家の国際競争力を高めようと、国は農家の法人化政策を進め

ている。しかし、農業の担い手の平均年齢が70歳代という地域もあり、海外のような活力ある

大規模経営を実現させるには、課題が多い。

 番組は新潟、秋田、米国、中国を取材し、専門家による討論も加える。放送は14日が午後

9時から、15日は同10時から。また、20日夜放送の「日本の、これから」でも、「どうする?

私たちの主食」のタイトルでこの問題を扱う。

毎日新聞 2007年10月11日 東京夕刊より





先日TBで番組のお知らせが掲載されてたので
本日 拝見しました。

一言で ショック!! です。

今まで この事実を知らなかった事!

すでに 米が輸入され その価格の安いお米は 私達も知らないうちに食べていたかも!?

輸入米で作られたお酒やアメリカで作られた日本酒~飲んでたかも!?

そしてそのお米が店頭に並ぶ日が近いかも!?

高い新潟のコシヒカリが輸入され、 日本の消費者が安い輸入米を食べる日が来てしまうかも?

米の需要が伸びていないにもかかわらず、輸入しなくてはならない状況下なんて

アメリカ、中国には規模や価格全くかないません。

日本の農業が根底から 揺らぐ事態になってきているとは~

皆さんこんな現実知っていましたか???

見ていて不安と悲しみで胸がいっぱいになりました。(-"-)


農業へ及ぼす影響~営農できなくなる状況下になりかねないです~

耕作放棄地が増える事となるだろう~

 「水田がだめなら」と違う品目への転換 それでなくてもここ数年の野菜価格の低迷が一層

拍車がかかる事となり・… もちろん米農家だけでなく影響をうける~ 


環境の面からも水田の持つ多面的機能、フードマイレージ、

また病害虫まで輸入されるのではと考えると恐ろしいです。

また、うちでも数年前にサンライズプランと言って鳥餌米に取り組んだことがありますが、

人が食べるお米ではなく餌米を作る日がくるかも????

また鳥や牛が国産米を食べ 人が輸入米を食べる日が来てしまうかも…

つい悪い方向へ考えてしまいます。 


 多くの方にこの問題を真剣に考えて頂きたくなりました。

また自分に何ができるのか!?   う~~~


まず 農業のもつ役割とは~

農業や農村の多面的機能

1 安全な食料を持続的に生産、国民の現在~未来を保証する。

  人の命の糧となる作物を供給する。=食糧は国民の財産の一つと思います。

2 農業的土地利用や物質的循環系を補完する事により、環境という公共財に貢献する。

  たとえば田んぼの機能

  (1)気温を調節する
    水蒸気を発生する事で気温の上昇を抑える。

  (2)水を美しく保つ
    土層や汚れた水をこし、有害な窒素を分解して放出する。

  (3)生物多様性を守る。
    えさ場や産卵場としてまた生息地として機能する。

  (4)洪水や土砂崩れを防ぐ
    雨水を一時的に溜めて、ゆっくり放出するので災害防止。

  (5)地盤沈下を防ぐ
    地下水と河川の水量バランスをとりながら雨水を地中に浸透させる。

3 生産空間と生活空間の一体性により地域社会を形成し維持する。

  ・地域社会、文化を形成維持。

  ・都市的、緊張緩和。  
  

 私は父から 良く 幼い時から 聞かされたことがある。
『昔は食う米がなかった・…』と
父は15年生まれ 戦後の食糧難を知っている。
今父と同世代の方々が水田を頑張ってやれているのも 
きっと この記憶が 今ではとても考えられないが こんな時代が
あったからこそ 年々下落する米であっても、
米を大事にし 稲作に励む事が出来るのだろう。
しかし、私達にとっては 感情論だけで 稲作はできないと思う。
全く保護的支援がなくなり、 コストに見合わなくなれば田んぼをどうするか
考えなくてはならない。 う~
 
工業製品との交換条件に農産物の自由化がされ(関税が引き下げられたら)本当に食料を海外に頼ってしまっていいのだろうか?
危機管理的に(海外から輸入できなくなることも想定して)
国民の財産ともいえる国内の食糧の確保は大事に思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月22日 10:11
ショックですね・・・私も知りませんでした。
今後の日本農業はどうなっていくのでしょうか・・・
『テロ』の攻撃を受ける前に『輸入ストップ』を受ければ、簡単に日本はつぶれてしまうのでは・・・。
アメリカも中国もそれが策略!?
不安ですね・・・
2007年10月24日 22:51
 ホント ショック! かなり ショック!!
ネガティブに 考えていても しょうがない・・・・・
日本のお米を食べて下さ~い運動でもするか・・・?
最近マスコミでもご飯に合うおかずとか ごはんを食べようと取り上げてくれてるように思う。
お酒を飲むなら 日本酒!!これから 寒くなるし~  ナンテね
メダカちゃんの彼は これから 農業者が減る中 若い担い手としてある意味チャンスかもよ!!  ガンバ!!
さわ
2007年10月26日 21:38
2日連続で・・・NHKで放送されていましたね。
みんなで考えなくてはならない問題ですね。
40%切った日本の食糧自給率・・
輸入がストップしたら・・・生きられないでしょうね。

食の検定の勉強はじめて・。なにもわかってないじゃない!!と
痛感しました。野菜のことだけじゃダメですね。
今回の検定はやめました。
もっと勉強して検定受けることにしたんです。
2007年10月27日 20:56
消費者にも農業者にも不安を与えないような 政策をお願いしたいですよね。
さわさん お勉強始めたのですね~ 蓮の事書いてあったし~頑張ってる~と 思ってましたよ~~。
 私もいろいろ考えさせられました~ 
食について よく考える時間を与えてくれたと思います。
そしてそれをベースに 今回のライスショックも考える事が出来ました。
 

この記事へのトラックバック

  • スイスの日本料理店での食事の出し方

    Excerpt: スイスの日本料理屋での今週の仕事はまたヘマから始まってしまった。 週一回だからしょうがないのか、もう若くないからなのか。 Weblog: スイスで仕事をしながらスイス生活文化を学ぶスイス滞在生活ガイド racked: 2007-10-23 11:52
  • VISTA株を徹底研究!!/VISTA株の「V」~ベトナム~

    Excerpt: VISTA株についての投資研究ブログです。今回はWTOや中国の話になぞらえてベトナムについて研究記事をかいてみました。よかったらのぞいてやってください。 Weblog: VISTA株を徹底研究―BRICsの次にくるVISTA株 racked: 2007-11-05 16:33
  • フードマイレージについて考えよう!

    Excerpt: フードマイレージとは1994年に英国の消費者運動家ティム・ラング氏が提唱したといわれる考え方(元の用法は、Food Miles)で、輸入食糧の総重量と輸送距離を掛け合わせたものになります。食料の生産地.. Weblog: これから重要になる!フードマイレージ!,ショック!ライスショック!!考えるの巻 racked: 2007-12-08 02:27