春サラダNo8

画像

        <コールスローサラダ>

キュウリ小口切りに
キャベツ細かく切る
ホワイトセルリー2~3センチに切る
ハム千切り

ボウルにマヨネーズ+レモン汁+塩コショウを入れてよく混ぜて、
上の材料を混ぜ混ぜ

器にいれて ホワイトセルリーの葉とスタースティックのスライスでトッピング

豆知識
コールスローの歴史は長く、おそらくは古代ローマの時代から食べられてきたと考えられている。しかし近代的なコールスローの人気が高まったのは18世紀になり瓶詰めのマヨネーズが発明されてからであった。英語の「コールスロー (cole slaw)」という名前は18世紀ごろにオランダ語の "koolsalade" (キャベツサラダ) を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれたものだが、1860年ごろまでのアメリカ合衆国とイギリスでは誤って "cold slaw"(冷たいスロー)と呼ばれており、ホットスローという温サラダが作られることもあった。しかし英語の "cole" には本来ラテン語から派生したキャベツの意味があり、これはまたオランダ語 kool の語源ともなっているが、その後 "cole" の意味が復活して英語でも coleslaw と呼ばれるようになった。いまではこの "slaw" の部分が独立してひとつの単語のように扱われることも多く、キャベツ以外の野菜を用いた「コール」スローでない別のスロー (ブロッコリースローなど) も知られている
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

今の時期~春キャベツ美味しいですよね~ 柔らくて~~
ホワイトセルリーも香りがよく大好き~水耕栽培なのですよ~
飯岡のキャベツ、Nさんちからホワイトセルリーを頂き うちのキュウリとマッチング~

器~実はこの間食べたテラミスの容器
カエルの子は蛙 似るものですね~
母はよく捨てられずに容器をとって置くので 私は母に「捨てれば~」と言っていたのだが
最近 私も捨てられないんです~ 「何かに使えそう」って

でも こんな風にお店にサラダがあったら 手が出そうでは~


4月12日(土)

春はあけぼのやうやうと……
日の出前には起きれませんが~ 
とても美しい景色だったので パチャリ
画像

この間の雨水が抜けない田んぼ 
          ほのかな霧の中 お日さまが上がってきました
 
寝ぼけ眼でもその美しさに吸い込まれそうでした~

ハウスの中では~
画像

カエル君と出会いました。 虫を食べておくれ~~~

今、カエルが鳴いてます~ ケロケロ~~~
どうやらまた天気が崩れるようですね~ケロッ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shazumi
2008年04月14日 21:48
最近購入するキュウリはほぼ千葉産ものが多いよ~^^
コールスロー大好き♪
ホワイトセルリーも普通のセロリもコールスローにはばっちり合いそうだね!
でも・・ブログで知ったセロリの農家さんのお話だと・・
セロリは栽培が難しいとか??
お野菜は全般・・農家さんには感謝しなくちゃね^^
ハートちゃんいつも美味しいキュウリをありがとう!!
ってね~*^^*
あ~虫を食べてくれるかえるさんにもね~(笑)

2008年04月16日 23:41
shazumiさん~~ありがとう\(^o^)/
ホワイトセルリー コールスローにバッチリ!!
普通のと一味違くなるんだよね~ 美味しい~~~
たぶんセロリでも~ セロリ育てたことないから
わからないけど~ ホワイトセルリーは水耕で水を介して病気が蔓延という事があったり、手間がかかったりで、何人も雇用したり、規格外に大きく育つと売れないし、なかなか どの野菜も 袋詰めしてお店に並ぶようにまでするには 大変なようですね~
だから~ 美味しいって食べて頂くことが何より 嬉しく、エネルギーの頂ける言葉です~(^^♪ 

この記事へのトラックバック